ゲイの夫夫日記♥

出会って紡いで17年目になるひとまわり年の差ゲイカップルの愛犬4匹との日常etc...を綴っていきます。

タグ:東日本大震災





NkFIyvGVKaFn7JY1577082187_1577082198  4VzbQ9Ki3OstSCv1577082216_1577082219  eowyb7V6balA2Gd1577082233_1577082235




志村けんさんの実兄の報道陣への対応の中で
感染を防ぐため遺体とも面会できず火葬されたという言葉が
震災で亡くなったお母ちゃんと重なり直視できなく苦しい...。



お母ちゃんとは旧青果市場が遺体安置所となっていたので
硬く冷たいコンクリートの上で会ったのが最後で
当時は火葬処理能力が追いつかずいったん土葬されその半年後にやっと火葬する事ができたけど
遺体の損傷などから棺ごしの別れとなり花を手向けることすらかなわなかった
あの頃がフラッシュバックしてしまい涙が止まらない1日です。




20200331_173442_034




あの日から生花は絶やさず生けてあげるよう心がけているのも
手向ける事がかなわなかった分つよく執着してしまっているのかも...。



←それで当たり前ですね。



医療崩壊寸前と医師も声をあげているのに国の対応にも疑問はあるけど




このまま感染者が増えていけば家族と最後の面会もできぬまま
お別れをしなくてはならなくなる事がどれだけ後々の悲しみを深く大きくするのか
少しでも皆がはやく気づいて無防備に不要不急する人がひとりでも多く減る事を願います。




明日は志村けんさん追悼番組が急遽放送されるようですね。
笑って見ることができるのか不安だけど
毎週土曜8時になると母と一緒に観ていた頃を懐かしみ偲びたいとおもいます。






- - - - -LINEで通知が受け取れます - - - - - 





 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

お帰りの際にして頂けると励みになります



- - - - - ランキングに参加してます▲- - - - - 







gHCEigUAXYL0ffX1582242891_1582242915
NkFIyvGVKaFn7JY1577082187_1577082198  4VzbQ9Ki3OstSCv1577082216_1577082219  eowyb7V6balA2Gd1577082233_1577082235




震災から九年が
九年もなのかな...。



今年こそは泣かないで過ごせるかなーと自信あったんだけどやはりダメでした。



愛犬とお散歩してるときも
朝ドラのテーマをピアノとギターそしてチェロで奏でたインストゥルメンタルCDから
流れてきた平原綾香の『おひさま~大切なあなたへ
の温かみあるサウンドにと
ふとした時におもいだしてしまって涙の雫が滴り落ちる1日でした。



チェロの音がこんなにも悲しげに感じるのは今日だけなんだろうか...。



20200310_102542_272




目覚めた時には
あと八時間とちょっとで母の命を奪った東日本大震災が起きるんだ。


掃除をしててもあと四時間ちょっとで
昼過ぎにはあと二時間でと考えないようにすればするほど押し寄せるてくる
九年目の14時46分18秒




毎年この日は友人や旦那が集まってくれて
僕が悲しむ時間を和らげてくれ笑顔で毎年過ごすようつとめていたけど
今年はなんだかひとりで過ごしたくて
全てお断りさせてもらい震災の年以来泣くことを我慢せずに過ごしちゃいました。



ナヨナヨしてて泣いてばかりいる僕を
お母ちゃんは人前でメソメソするもんじゃないと強くつよく叱ってたので
泣けずにいた雫が溜まりきっててぜんぶ吐き出したかったのかもね



←今日ぐらい泣いても叱らないよね w




FB_IMG_1583668743256




この写真は僕が男性が好きなんだ。
と感じた小学生の時に通ってた門脇小学校です。



←オカマ界のサラブレッドが誕生したとーき w




震災の年の歌合戦で長渕剛が『 ひとつ』を歌った場所です。



この小学校でひとつの分岐点が起きたのもあり思うところが多い場所でもあり
震災遺構として保存すべきか
解体撤去をと望む人の声が多いことも報道で知りどうなるのか気になっていたけど
去年から震災遺構として一部分を残し設備をしているのも
今年末(2021年3月)までに完成を目指してるらしく
どんな悲劇が起きたのか語りつがれていくのでしょうね。



DSC_1098~2




僕も東日本大震災で母を亡くすまではそうだったように
その場面に己の身が置かれないと気づかない生き物なのも人間なので
あのときに感じたお水や食料そして防災グッズを備蓄する事を改めて感じたり
考えられる日であったら良いとおもいます。



干からびるほど泣いたらスッキリしたんで
生きれなかった人たちの分も明日からまたバカやりまーす




お帰りの際に読んだよのして
頂けると励みになります


最後までお読み頂きありがとうございます




FOLLOW
NkFIyvGVKaFn7JY1577082187_1577082198  4VzbQ9Ki3OstSCv1577082216_1577082219  eowyb7V6balA2Gd1577082233_1577082235






阪神淡路大震災から25年になるんですね。
ご遺族を亡くされた方々へ謹んでお悔やみ申し上げます。




20200116_195251_342



僕が大阪に住んだのがこの年なので四半世紀を関西で過ごしてるんだなぁーと…
その16年後の東日本大震災で母を亡くす事になってしまったけれど



改めて巨大地震に対しての備えを見直し
一度立ち止まってもう一度確認をする。
事がとても大事な事なんだと改めて考える1日になりそうです。



世界と比べても日本は災害関連の死がとても多い国なので
僕は守れた命をどうこの先も守り続けていけるかを天国からお母ちゃんが課題として
おいていったようにおもいます。



僕はお母ちゃんの分も幸せにそして前向きに生きていきます。



昨日病院に行く際に家の傍にある藤原京跡を通った時に
クラリネットの練習されてる方が『手のひらを太陽に』を奏でてて
すごく耳に馴染みカラダの中に溶けていくのを感じたんだけど
生きているからお母ちゃんを想い悲しみ笑うんだと気づかせてくれたこの歌詞素敵ですね









あの日以来だいすきだった海を憎み『絆』という言葉があまりに軽く
嫌いな言葉になってしまっているけどいつかそんなことも溶ける日が来るんでしょうね




お帰りの際に読んだよのして
頂けると励みになります


最後までお読み頂きありがとうございます




FOLLOW
NkFIyvGVKaFn7JY1577082187_1577082198  4VzbQ9Ki3OstSCv1577082216_1577082219  eowyb7V6balA2Gd1577082233_1577082235




20191230_134822_005




引っ越ししてきたばっかやし毎日小姑のように掃除してるんで
大掃除ってほど大袈裟な掃除はし~へんけど
昨日できなかった家事を済ませて
仏壇だけは一年の感謝の気持ちをこめて念入りにお掃除させてもらいました。



お花も普段使うことのない
葉牡丹を入れたりとちょっとだけお正月っぽくしてみたけど喜んでくれてるかしらね。



しかしお花も高いですね💦




さぁ~続きは粗塩入りお水で玄関やトイレや
水周りを清めて綺麗にして浄化しましょ





お帰りの際に読んだよのして
頂けると励みになります


最後までお読み頂きありがとうございます




FOLLOW
NkFIyvGVKaFn7JY1577082187_1577082198  4VzbQ9Ki3OstSCv1577082216_1577082219  eowyb7V6balA2Gd1577082233_1577082235




今朝も姫は大好きなゆで卵食べてくれたし
通常フードもぺろぺろ舐めてました


たぶん上においしー粉をふりかけたんでそれだけ舐めたんやね。←ズルしてます w




xslTlKx1i2nNl1y1577489856_1577490200




黄身も食べてほしいんで器に隠して入れるもやはり食べず上手に器の外にポイポイ



無残にも捨てられた黄身はもったいないからと僕の胃袋に収まるんで毎朝
食パン一枚とゆで卵の黄身だけという朝食だけどある意味バランスよいのかしらね
と愛犬の残飯整理させられながら僕の頭の中では
シャンシャバシャバーと誰かがコーラスしておりますの




つっぱり乙女路線のX3(バイバイ)ララバイ🎶 By 中森明菜
のバックコーラスやね



xslTlKx1i2nNl1y1577489856_1577490200




さてはて今更感が否めないtitle



毎年清水寺で行われる
今年一年の世生を漢字で表す一文字は在り来りだったけど。


我が家はなんだろと昨夜布団の中で考えてて介護のかなぁ~と
アポロの介護もあり続くようにみゅーちゃんママが介護が必要になったりと
一年を通して介護しながら金の工面ばかりしてたようにおもうわ



だからといってネガティブな感覚はなくって
介護する事で愛おしさも違う角度から芽生える事も教えてもらい
天国🌈に行く前にたくさん僕に甘えてたくさん想い出を
心に刻んで
天国でその想い出とともに僕が来るのを待ってるだろなあ~なんて思えるまで
余裕も



2011年 お母ちゃんの死
2012年 ぺーたん姫の死
2012年 育ての父の死
2019年 アポロの死



と大事な家族の死を経験していくと流石のノーたりんの僕でも学ぶものです。



←ひさびさ聞いたわノーたりんって w



昨日友人に家族(犬)を増やそうとはおもわないんと問いかけられたんだけど
いろんな事を学ばせてもらって少しづつ頼れる飼い主になるよう奮闘してるけど
もう増やすのはねぇ。。



流石に心がこれ以上悲しみには耐えきれないかもざます





お帰りの際に読んだよのして
頂けると励みになります


最後までお読み頂きありがとうございます

↑このページのトップヘ